【スポーツbiz】ブランドを守る 傷はいずれ打撃に (2/4ページ)

IOC理事会であいさつするバッハ会長=5日、スイス・ローザンヌ(ロイター=共同)
IOC理事会であいさつするバッハ会長=5日、スイス・ローザンヌ(ロイター=共同)【拡大】

 なぜ、国際オリンピック委員会(IOC)は来年2月の平昌オリンピックからロシア選手団を排除したのか。

 昨夏のリオデジャネイロ大会前、自ら可否を判断せず、各国際競技団体(IF)に“丸投げ”した対応と明らかに異なる。

 もちろん、「国家ぐるみ」のドーピングに動かぬ証拠が見つかったという理由はある。しかし、厳然と決断した背景はそれだけではあるまい。

 リオの際、IOCの対応に批判が渦巻いた。関連諸機関、メディア、そしてスポンサーからも、それは聞こえた。

 いわく、反ドーピングに手ぬるい。大国ロシアだから、おもねるのか。IOCは、平昌でもそうした非難の声が拡散されることを極めて恐れた。

 放置しておけば、IOCの影響力がそがれる。「オリンピックの価値」「スポーツの価値」が下がる。それを見過ごすことはできない。

 ◆大切なイメージ

 IOCはスイス政府に承認された非政府組織(NGO)である。あれだけの地球規模の事業を続けながら、国家間が法律で取り決めた組織ではない。世界的な民間団体に過ぎない。

 その財源はテレビ放送権料、今はインターネット関連も存在しメディア権料と呼ぶ人もいるが、そしてスポンサーからの収入が大半を占める。公表されている2013~16年の収入額は77億9800万ドル(12日の為替レートだと約8850億円)、うち53%が放送権収入、13%がTOP(The Olympic Partner)と呼ぶワールドワイドのスポンサーからの収入である。

 では、IOCは何を売って収入を得ているのか。夏・冬のオリンピック競技大会の映像であり、IOCが所有するオリンピックシンボル、「五輪マーク」などにほかならない。

 それらはモノではない。イメージである。言い換えれば、人気であったり、雰囲気であったり、空気だといっていい。