大戸屋、働き方改革推進で年末年始の休業店増加 社長「従業員にも健康であってほしい」

大戸屋の看板(矢島康弘撮影)
大戸屋の看板(矢島康弘撮影)【拡大】

  • 「無理に営業するより、従業員の健康を大切にする」と記者会見で述べる大戸屋HDの窪田健一社長=18日、東京都中央区銀座の時事通信ホール

 「大戸屋 ごはん処」を展開する外食大手の大戸屋ホールディングスは18日、大みそかと元旦に休業する店舗を増やす方針を明らかにした。人手不足を背景に、働き方改革を推進する。

 今年の大みそかと来年元日に休業する直営店舗を約150店中、80店に増やす。前期は大みそかにほとんどの店舗が営業し、元日は約40店が休業していた。

 同社はこの日、顧客と従業員の健康に焦点を合わせた事業戦略を公表した。東京都内で記者会見した窪田健一社長は年末年始の営業について「無理をして働き手を集めるよりも、従業員にも健康であってほしい」と述べた。

 窪田氏は「大戸屋の強みは、仕込みや味付けも含めた店内での調理」と強調し、接客を効率化する一方で、調理スタッフを減らさない考えを示した。来年は注文専用のタブレット端末を全店で導入するほか、食事をしながら楽しめるよう調理場が見える設計の店を順次増やす。