LINE自転車シェア参入 中国モバイクと提携

LINEの出沢剛社長(左)と中国のモバイク創業者のフー・ウェイウェイ氏=20日、東京都新宿区
LINEの出沢剛社長(左)と中国のモバイク創業者のフー・ウェイウェイ氏=20日、東京都新宿区【拡大】

 LINE(ライン)は20日、中国の自転車シェアリングサービス大手の「Mobike(モバイク)」の日本法人、モバイク・ジャパンと資本・業務提携し、来年前半にも日本国内で同サービスを始めると発表した。「LINE」アプリを通じて、利用可能な自転車を探したり、鍵の解錠や決済までできるようにする。モバイクはサービスの運営に加え、自転車の提供や保守を担う。

 街の各所に置かれた自転車を気軽に借りられるシェアサービスは欧米や中国で定着しており、日本でも需要が見込めると判断した。LINEの月間利用者数は7100万人を超えており、この基盤をもとに市場を開拓する。

 LINEの出沢剛社長は同日、出資比率について「20%以下だ」と明かし、「中長距離の移動を公共交通機関で、ラストワンマイル(目的地までの最終区間)を自転車という新しい移動の形を提案できる」と語った。LINE執行役員の室山真一郎氏をモバイク・ジャパンの取締役として派遣する。

 料金は保険料込みで、30分100円を想定。東京などを中心に全国展開していく見込み。

 モバイクは中国のほか米国、英国などの200都市以上でサービスを展開しており、登録利用者数は2億人以上、1日当たりの利用回数は3000万回以上。今年6月には日本法人を設立し、8月からはすでに札幌市内でサービスを開始している。