日本コカ・コーラ、水源保護へ最大規模の森林保全 宮崎・えびの市で実施 (1/3ページ)

社員らが参加して行われた下草刈りの様子=11月29日、宮崎県えびの市
社員らが参加して行われた下草刈りの様子=11月29日、宮崎県えびの市【拡大】

 日本コカ・コーラが水資源保護の取り組みを加速している。11月下旬には、コカ・コーラウエストプロダクツの工場が立地する宮崎県えびの市で、過去最大規模の森林保全活動を実施。コカ・コーラシステムの日本における本格事業展開から60周年に花を添えた。

 活動通じ自然に還元

 コカ・コーラシステムは、清涼飲料製品の基本的な原材料として水を使用することから、水資源保全活動に積極的な取り組みをみせてきた。

 これは、米国本社のザ コカ・コーラカンパニーが掲げる“水資源の持続可能性を守るグローバル・リーダーになる”という目標の一環で進められてきたものだ。

 活動の柱は(1)製造工程における水使用量の削減(Reduce=リデュース)、(2)製造過程で使用する水の循環(Recycle=リサイクル)、そして(3)地域の水源保護-の3つ。ザ コカ・コーラカンパニーは、この3つの活動を通じ2020年までに全世界で製品とその製造に使用するのと同量の水を自然に還元するという「ウオーター・ニュートラリティー」を目標に設定した。

 世界全体では、15年に還元率115%(1919億リットル分の還元)となり、目標を5年前倒しして達成した。日本国内でも、16年に還元率115%となり4年前倒しした。

 それでも同社は活動の手を緩めず、水を守るグローバル・リーダーに向けて邁進(まいしん)する。背景には「すべての社員に持続可能性の意識が根付いた企業文化を築いていきたい」(日本コカ・コーラのホルヘ・ガルドゥニョ社長)という願いがある。

地元の林業関係者からも注目