教習所、ドローンで生き残り 車離れ・少子化で苦境 高い安全意識に強み (1/3ページ)

ドローン教習所の開校式で垂れ幕を下げて飛行するドローン=2016年7月、兵庫県南あわじ市
ドローン教習所の開校式で垂れ幕を下げて飛行するドローン=2016年7月、兵庫県南あわじ市【拡大】

 若者の車離れなどを背景に生徒数の減少に悩む自動車教習所の生き残り策として、「ドローン(小型無人機)教習」への参入の動きが本格化してきた。陸上走行と空中飛行の違いはあれど、積み上げた「操縦を教える」ノウハウが生かせるほか、教習用の広い敷地も活用できるとあって、12月には業界グループも立ち上がるなど、新たな動きが広まっている。

 業界団体を設立

 「初期投資はどれだけかかるのか」「公安委員会からクギを刺されないか」。今年10月中旬、東京都内の会議スペースを埋め尽くす参加者からは次々と質問が飛んだ。いずれも全国から集まった指定自動車教習所二十数社の関係者だ。

 会議はドローン教習のできる自動車教習所の業界団体「全国自動車学校ドローンコンソーシアム(ジドコン)」を立ち上げようと、自動車教習所を対象に開いた説明会だ。加盟した教習所は指導員育成などドローン教習事業立ち上げのサポートが受けられるほか、受講した生徒は、国土交通省がドローン教習管理団体と認定した一般財団法人「日本UAS産業振興協議会」(JUIDA)発行のライセンスを受け取れる。

 設立準備総会にあたる17日の全体会議には、16校の指定自動車教習所が参加。事務局機能を受け持つ事業コンサル「スペースワン」(事業所・東京都台東区)の小林康宏社長は「当初の予想よりも多くの教習所が参加してくれた」と手応えを口にする。

車を所有する若者が減り、教習所の経営環境は厳しさを増す