「iPhone X」のフロントカメラをもっと活用 アプリで楽しむ 似合う眼鏡も自在に (2/4ページ)

 ちなみにアンドロイドを搭載したサムスンなどのスマートフォンも顔認証を採用しているが、3Dではなく2D技術であり、フロントカメラのみを使用しているため、iPhone Xのトゥルーデプスカメラに比べて精度が落ちる。

 さてこのトゥルーデプスカメラだが、顔認証以外にも、一眼レフ並みに背景をぼかした自撮り写真が撮れる「ポートレートモード」や、顔にある50以上の筋肉の動きをとらえて解析し、パンダやウサギ、ユニコーンなど、12種類のアニメーションキャラクターに表情を反映させるアニ文字を実現している。

 アニ文字では、顔の向きを変えたり、笑顔や泣き顔、怒り顔を作ったりすると、画面上のキャラクターの表情も同じように変化するのでなかなか楽しい。

ワービーパーカーのアプリのスクリーンショット

ワービーパーカーのアプリのスクリーンショット

オンラインの眼鏡ブランドならここまでできる

 冒頭のアプリの話に戻ろう。「ワービーパーカー」は、米ペンシルバニア大学ウォートン・ビジネス・スクール出身の4人が2010年に立ち上げたオンラインショップの眼鏡ブランド。同社の特徴は、最大5つまでの眼鏡やサングラスを自宅で5日間、無料で試着できるシステムを提供していることだ。

筆者もさっそく眼鏡を選んでみた