トヨタ、アマゾンAIと連携 苦戦するセダンで音声サービス導入

トヨタ自動車が公開した新型「アバロン」(ブルームバーグ)
トヨタ自動車が公開した新型「アバロン」(ブルームバーグ)【拡大】

 米ミシガン州デトロイトで開かれている世界最大級の自動車展示会「北米国際自動車ショー」で15日、トヨタ自動車など日本メーカーが主力車の新型や試作車を相次いで発表した。米市場で人気のスポーツ用多目的車(SUV)をアピールする一方、大型車に押されて苦戦が続くセダンをてこ入れする動きも出ている。

 トヨタは高級車ブランド「レクサス」のSUV「LF-1 リミットレス」の試作車や、米国で今春発売する高級セダン「アバロン」の新型車を公開した。新型アバロンは米アマゾン・コムの人工知能(AI)を使った音声サービスが利用でき、ドアロックやエンジン始動のほか、車内から自宅の照明を点灯させることもできるという。

 日産自動車も3列シートのSUVコンセプト車「クロスモーション」に加え、高級ブランド「インフィニティ」の中型セダン試作車「Qインスピレーションコンセプト」を世界初公開した。Qインスピレーションには可変圧縮比エンジン「VCターボ」のほか、自動運転技術「プロパイロット」機能を搭載。渋滞走行や巡航走行といった運転者がストレスを感じる環境で車が運転を支援する。

 2017年の米新車販売で、セダンを含む乗用車の販売台数は前年比10.9%減と低迷しており、各社は新型車・新技術で巻き返しを狙う。(デトロイト 塩原永久)

 北米の専門記者が優れた新型モデルを選ぶ2018年の「北米カー・オブ・ザ・イヤー」で、ホンダの「アコード」が乗用車部門を受賞した。米デトロイトで開かれている北米国際自動車ショーに合わせて15日、発表された。

 室内空間の広さやデザインが高い評価を受けた。ホンダは新型アコードを北米で17年10月に発売。日本市場にも投入する予定で、18年中とみられる。(デトロイト 共同)