ドラッグストア、首位めぐりM&A火花 成長頭打ち…安値攻勢強化 (1/2ページ)

 ドラッグストア業界の首位奪回をめぐるM&A(企業の合併・買収)が激化している。市場が成熟期へ移り成長が頭打ちになっているためだ。安値攻勢の強化に向け、今年は規模の拡大競争がさらなる合従連衡を呼ぶ「戦国時代」となりそうだ。

 市場規模は6.5兆円

 昨年9月、業界2位のツルハホールディングスは静岡を中心とした杏林堂グループ・ホールディングス(浜松市)を買収し、ウエルシアホールディングスを抜いて首位に躍り出た。ツルハの堀川政司社長は「一緒になったことで、仕入れだけで8億円の効果が見込まれる。競争は厳しいが、従来を上回る出店をしていく」と強気の姿勢だ。

 もともと個人経営の店がほとんどだったドラッグストアは、1970年代からチェーン店化が進んだ。90年代には大手が出店を強化。日用品を安く売ってお客を集め、利益率の高い医薬品や化粧品でもうける手法で、市場を一気に広げた。

 日本チェーンドラッグストア協会によると、2016年度の市場規模は前年度比5.9%増の6兆4916億円。食品や酒類に加え高収益の調剤分野に手を広げて大型化が進み、訪日外国人客の旺盛な需要も取り込む。

 一方、競争は熾烈で、1店舗当たりの売上高は10年度前後から伸び悩んでいる。大衆薬の扱いでは13年に解禁されたインターネット販売の台頭が脅威で、コンビニエンスストアとも客を奪い合う状況となっている。

 規模拡大で仕入れコストを下げ一層の安売りに打って出ようと、大手は中小を傘下に取り込む戦略を強化。「若い業界だったのが今は寡占化が進んでいる」(業界関係者)とされ、上位10社で市場シェアの3分の2程度を占めている。

当面消耗戦続く