RSUPPORT、年末年始にも在宅勤務を導入 1年のはじめに考える、新しい休み方・働き方!

Web会議システム「RemoteMeeting」の利用イメージ
Web会議システム「RemoteMeeting」の利用イメージ【拡大】

  • Web会議システム「RemoteMeeting」の利用イメージ(文書共有)
  • Web会議システム「RemoteMeeting」の利用イメージ(テレワーク)
  • Web会議システム「RemoteMeeting」の利用イメージ(描画機能)

RSUPPORT(アールサポート)株式会社(東京都港区、代表取締役社長:Hans Seo、以下 RSUPPORT、URL: https://www.rsupport.com )は、年末年始の休暇(※1)に引き続き、2018年1月4日(木)~1月5日(金)の期間中、正社員、契約社員を含む全社員を対象にした「在宅勤務デイ(テレワーク)」を実施しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/148057/LL_img_148057_1.jpg
Web会議システム「RemoteMeeting」の利用イメージ

同社の社員からは「帰省先からノートPCやタブレットで業務を行うことができ、年末年始の交通混雑を避けることができた。」「在宅勤務のおかげで、家族と過ごす時間を増やすことができた。」など好評でした。

以前から自社開発のテレワークソリューションツールを活用しているRSUPPORTでは、働き方改革に向けた国民運動「テレワーク・デイ」へ参加するなど、率先してテレワーク推進、環境整備を続けています。全社員がリモートデスクトップツール(※2)を利用しオフィスのパソコンへ接続して作業途中であったファイルの作成や、インストール無しのWeb会議システム(※3)を利用し自宅や外出先からも同僚とコミュニケーションを行っています。また、技術部門の社員は顧客からの緊急連絡にも訪問や出張すること無く簡単に遠隔サポート(※4)で初期対応できるため、業務効率の向上やコスト削減にも寄与しています。

今回の年末年始に合わせた「在宅勤務デイ」は社員からのヒアリングにより全社的に実施、今後も引き続き「働き方」と「休み方」の改善と向上を目指すとともに、自社内での在宅勤務やテレワーク推進により蓄積されたノウハウを活かし、顧客へのテレワークツール提案とともに、さまざまな働き方を紹介していきます。

※1. 12月29日(金)~1月3日(水)
※2. RemoteView(リモートビュー)
※3. RemoteMeeting(リモートミーティング)
※4. RemoteCall(リモートコール)

■会社概要
・会社名 :RSUPPORT株式会社
・代表者 :代表取締役社長 Hans Seo
・所在地 :〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-2-20 第3虎の門電気ビル7階
・設立 :2013年12月11日(日本支店 2006年4月)
・事業内容 :ウェブ基盤のリモートコラボレーションソリューションの
開発とシステムの構築
・主要サービス:リモートデスクトップツール RemoteView
https://rview.com
Web会議システム RemoteMeeting
https://www.remotemeeting.com
リモートサポートツール RemoteCall
https://www.remotecall.com