台北線に臨時便運航 2月末まで往復9便 新潟

 台湾のファーイースタン航空(遠東航空)が27日、新潟空港と台北・桃園空港を結ぶ路線で臨時便の運航を始めた。2月28日まで計往復9便の予定。通常運航の月、金曜の週2便に臨時便を加え、スキーなどを楽しむ台湾人客などの利用増に対応する。

 臨時便は今後、今月31日▽2月4日▽8日▽12日▽16日▽20日▽24日▽28日-に運航される。いずれも桃園空港発は午後1時55分、新潟空港発は午後7時10分。2月28日を除き、新潟空港では国際線の到着ロビーでマスコットキャラクターの「県宣伝課長きっぴー」が旅客を出迎える。

 同路線では昨年11月から今年の年始にかけても臨時便が往復6便運航された。