LINE、仮想通貨事業参入 金融強化、格安スマホはSBと提携 (2/2ページ)

仮想通貨事業参入について説明するLINEの出沢剛社長(左)=31日、東京都新宿区
仮想通貨事業参入について説明するLINEの出沢剛社長(左)=31日、東京都新宿区【拡大】

 一方、格安スマホ事業では、子会社のLINEモバイルにソフトバンクから51%の出資を受け入れる。LINEモバイルがソフトバンクを引受先とする第三者割当増資を実施。3月をめどに増資を完了する。ソフトバンクの出資額は明らかにしていない。出沢社長は「端末調達、マーケティング領域で知見のあるソフトバンクとやることで相乗効果が出る」と説明した。

 ラインが31日発表した17年12月期連結決算は、売上高が前期比18.8%増の1671億円。最終利益は19.4%増の80億円だった。広告事業などが堅調だった。