大阪・ミナミの道具屋筋商店街で新サービス 中国人向けスマホ決済、10日から試験導入 (2/2ページ)


【拡大】

 試験導入は、訪日客の増加が見込まれる中国の旧正月「春節」(2月16日)の休暇に合わせて実施。希望する約10店舗が先行して導入し、その効果を検証した上でほかの店舗も導入を検討するという。

 日本では、百貨店や家電量販店で導入が相次いでいるが、商店街単位で取り組むのは珍しいという。同商店街振興組合の千田(せんだ)忠司(ただし)理事長は「中国の状況を考えれば対応は必須。先駆けて取り組み、スマホ決済を道具屋筋商店街の一つの特徴としてアピールしていきたい」と話している。