学生の春休み渡航先人気急上昇1位は韓国のハワイこと「済州」今年の春休みはリゾート旅行がトレンド!

プレスリリース
プレスリリース【拡大】

  • プレスリリース

 オンライン総合旅行サービス「DeNAトラベル」(URL:http://www.skygate.co.jp/)を運営する株式会社DeNAトラベル(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:大見 周平)は、2018年の春休みに学生の渡航数が急上昇している海外渡航先ランキングを発表します。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/149870/img_149870_1.png
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/149870/img_149870_2.jpg
18歳から22歳の会員を対象に2018年2月1日から3月31日までに出発する海外航空券の予約数を昨年の同時期と比較したところ、最も予約数が伸長したのは韓国の「済州」(前年比243.8%)となりました。済州へは昨年、LCC(ローコストキャリア)のティーウェイ航空が6月30日に大阪(関西)-済州線、9月2日に東京(成田)-済州線の就航を開始しました。また、海岸沿いに人気アイドルがプロデュースしたカフェなどが立ち並ぶエリアなどもあり、海が見えるカフェで都心とは違った「フォトジェニック」な雰囲気を楽しむこともできます。LCCの就航により、さらに低価格で渡航できるリゾート地となり、若者に人気の「インスタ映え」も期待できるポイントが多数ある点などから学生の旅行者が増加しているのではないでしょうか。
2位のハノイと3位のダナンは昨年の9月1日にジェットスター・パシフィック航空が大阪(関西)-ハノイ/ダナン線を開設し、LCCとしては初めて関西とベトナムを結ぶ便となりました。ベトナムは日本との時差が2時間で東京-ハノイ間は約6時間半で行くことができます。済州と同じくLCCの就航で低価格での渡航が可能な点や、時差や渡航時間が短く海外旅行経験が少ない学生でも比較的気軽に行くことができる旅行先となっている事が人気を集めている要因のひとつとなっているようです。
4位のオーランドは、アメリカ屈指のリゾート地です。人気テーマパークである「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」や「ユニバーサル・スタジオ・フロリダ」だけでなく、「ケネディ宇宙センター」など様々な観光施設があります。5位のハワイも言わずと知れた人気リゾート地で、上位5都市中4都市をリゾート都市が占めるランキングとなりました。今年の学生の春休み旅行には近場から遠方まで「リゾート」が人気を集めているようです。

 日本最大級オンライン総合旅行サービス
「DeNAトラベル」(http://www.skygate.co.jp/
「DeNAトラベル」は、格安航空券や海外ツアー、国内外ホテル、国内高速バスを中心に幅広い旅行商品を取扱うオンライン総合旅行サービスです。24時間利用可能なリアルタイム検索や空席照会・即時予約・決済などオンラインならではのサービスを提供しています。
航空券は1,500以上の都市・2万以上のコースが即時予約可能。ホテルは国内外の約8,000都市・約60万軒と日本最大級の取扱い数に加えて、海外のホテル宿泊料が他サービスよりも高額であった場合は差額の3倍を返金する「最安値保証」を実施しています。
※「最安値保証」の適用条件についてはキャンペーンページをご覧ください。
URL:http://www.skygate.co.jp/hotel/campaign/saiyasune/