富国生命、大卒総合職初任給5000円上げ

 富国生命保険が今年4月から大卒の総合職の初任給を5000円増やし、21万円に引き上げることが21日、分かった。待遇を改善し、優秀な人材の確保につなげるのが狙い。初任給の引き上げは10年ぶりで、最大手の日本生命保険の水準にそろえる。今春は約60人の採用を見込んでいる。入社数年の若手社員にも5000円の手当を上乗せする。

 生保は低金利の長期化や人口減少による市場の縮小で、競争激化が見込まれており、各社は優れた人材の採用や引き留めに注力している。日本生命や太陽生命保険は営業職員の賃上げを予定している。