RIMMEL LONDON ブランドライセンス契約終了のお知らせ

COTY
COTY【拡大】

  • RIMMEL

 コティ社(本社:米国・ニューヨーク、CEO:カミロ ペイン、以下「コティ」)は、株式会社コーセー(本社:日本・東京、代表取締役社長:小林 一俊、以下「コーセー」)が日本国内で展開するメイクアップブランドRIMMEL LONDON(以下、リンメル)について、2018年10月31日をもってライセンス契約を終了し、コーセーより事業を引き継ぐことで合意しましたのでお知らせします。

 1. 経緯
2006年9月に、コティはコーセーと、リンメルの日本における輸入・製造販売に関するライセンス契約を締結しました。本契約に基づき、コーセーはリンメル製品の輸入・製造を行い、日本市場での販売を行ってきました。
この度、グローバルブランド戦略の変更により、コティはコーセーと締結していたリンメルの日本における輸入・製造販売に関するライセンス契約を、2018年10月31日を以て解消します。

 2. 今後の展開
2018年11月1日からは、新たに締結した製造供給契約に基づき、コティはコーセーと共同でリンメルの商品開発を行います。また、コティが日本国内におけるリンメルの販売を引き継ぐとともに、コーセーはコティへとOEMでの製品供給を開始します。

 3. 業績への影響
本件のコティの業績への影響は軽微です。

 ■コティについて
コティは1904年にパリでフランソワ・コティによって創設された、1兆円の売上規模をもつ、世界第3位のグローバル・ビューティーカンパニーです。そのブランドポートフォリオは、カラーコスメ、スキンケア、香水、ヘアカラー、スタイリングと多岐にわたり、70を超えるブランドを有しております。また、全世界で150カ国以上でビジネスを展開、40カ国以上にオフィスを有し、多様な文化・背景をもつ20,000人以上の社員で構成されています。私たちは、ひとりひとりの個の美しさとその多様性を尊重し、自信と喜びをもって自分自身の美しさを表現するための製品やブランドを提供します。(2018年1月現在)
*日本においては、コティグループの日本法人HFCプレステージジャパン合同会社が事業を展開しています。

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/151957/LL_img_151957_1.jpg
COTY

 ■リンメルについて
https://www.atpress.ne.jp/releases/151957/img_151957_2.jpg
1834年に設立された英国No.1のカラーコスメブランドであるリンメルは、ロンドンらしさを取り入れた、高品質のコスメを幅広く展開しています。リンメルが考えるメイクは、完璧さを目指すのではなく、何にもとらわれずに自己表現や個性を心から自由に楽しむことです。多様性を尊重し、新しい表現を積極的に取り入れ、心からメイクを楽しむことを提唱しています。日本では2006年の発売以降、日本人に合ったシェード、テクスチャーを取りそろえた製品展開をしています。