トラック、バス 自動運転へ前進 いすゞと日野が共同技術開発

経済産業省と国土交通省はトラックの自動運転に関する実証実験を国内メーカーと始めた=浜松市
経済産業省と国土交通省はトラックの自動運転に関する実証実験を国内メーカーと始めた=浜松市【拡大】

 いすゞ自動車と日野自動車は19日、トラックとバスの自動運転技術を共同で開発したと発表した。先頭のトラックが後続を牽引(けんいん)する「隊列走行」の実現に必要な基礎技術などで、早期に実用化を目指す。

 両社は、開発費の効率化などを目的に2016年5月に自動運転の共同開発に合意した。車両と別の車両を通信でつなぎ、先行車のアクセルやブレーキを後続に伝える技術や、信号機の点灯色を受信するシステムを開発した。

 バスが路面上の誘導線を車載カメラで認識し、自動でハンドル操作と減速をしてバス停に止まる技術も開発した。バス停の段差にも対応し、車いすやベビーカーの円滑な乗降を可能にするという。政府は22年までに高速道路でのトラックの隊列走行を実用化する考えで、今年1月にはいすゞや日野などトラックメーカー4社が参加し、新東名高速道路で実験した。