グランビスタ 東京に新ホテル、来月開業 宿泊客は伝統工芸体験可能

車いすでも利用できるユニバーサルツインを1室用意した
車いすでも利用できるユニバーサルツインを1室用意した【拡大】

 サンケイビル子会社のグランビスタホテル&リゾート(東京都千代田区)は4月1日に「ホテルインターゲート東京 京橋」を開業する。東京メトロ銀座線「京橋」、都営浅草線「宝町」から徒歩1分、JR東京駅八重洲口から徒歩10分の好立地で、訪日外国人やシニア層、ビジネス客をターゲットにする。部屋数は200室。シングルは1万円から。車いすで利用できるユニバーサルツインも1室用意した。

 同社の主力ブランド「インターゲートホテルズ」の2号店。「御朱印帳制作」「江戸切子の廃材を利用した万華鏡づくり」など伝統工芸品のワークショップを常設し、宿泊客は有料で体験できる。須田貞則社長は「来春に金沢、広島に出店し、2025年度までに全国10店以上にしたい」と語った。