【業界団体だより】大遊協「ストリートフェスタ2018」で感謝祭PR

大遊協のキャラクター“アカリみらい”に扮したコスプレイヤーが会場を盛り上げた
大遊協のキャラクター“アカリみらい”に扮したコスプレイヤーが会場を盛り上げた【拡大】

 大阪府遊技業協同組合(大遊協、理事長・平川容志氏)は3月18日、大阪市浪速区の日本橋商店街で行われた「ストリートフェスタ2018」に大遊協ブースを出展。昨年に続き、大遊協のイメージキャラクター“アカリみらい”が参加し、3月23~25日開催の「大遊協感謝祭 大阪パチンコ・パチスロ夢まつり」のPRを行った。加えて、熊本地震の復興支援を目的に、熊本物産品の販売を行った。

 同イベントは、ポップカルチャー、ホビーなど最先端の趣味の街として知られる日本橋で実施される国内最大規模のコスプレイベント。毎年、アニメファンを中心に大勢が参加するなか、14回目を迎える今回も20万人を超える人々が訪れた。当日は、“アカリみらい”に扮(ふん)したコスプレイヤーがステージでダンスを披露したほか、堺筋の一部を歩行者天国にして実施されたイベントの目玉「パレード」にも参加。

 一方、大遊協ブース内には「無料パチンコ体験コーナー」も設置。アニメ・もえコンテンツのパチンコ遊技機18台を用意し、若年層を中心に大勢の人が遊技を楽しんだ。