Arkratosが現物商品取引向けのブロックチェーンソリューションを発表

 Arkratosが現物商品取引向けのブロックチェーンソリューションを発表

 AsiaNet 73059 (0648)

 【シンガポール2018年4月13日PR Newswire=共同通信JBN】
*KRATOSは取引エコシステム全体の透明性、効率性、信頼性を強化する

 金融と物流の分野はキャッシュレス決済、リテールバンキング、RFID(無線自動識別装置)などによりデジタル化が進んでいるが、商品取引ではその時を待っている状況だ。多くのテクノロジー企業と商社は今、ドキュメンテーションの過程をブロックチェーン技術を使ったスマートコントラクトに置き換えて商品取引業界を変革しようとしている。

 現在のところ、ブロックチェーン技術はホワイトペーパーや観念がひしめき合い、市場に出た実際の製品の数はわずかである。Arkratos Blockchain Solutionsは既に機能している同社の製品KRATOSによって競争の先頭へと躍り出た。KRATOSは分散型の商品取引プラットフォームである。

 KRATOSはこれまでで初めて、現物商品取引エコシステム全体のワークフローを取り込んで取引プロセスを加速する。ブロックチェーン技術は製品が出荷されたときに品質の情報ブロックを生成するが、それは全旅程を通して変えられないことから透明性が確保でき、品質詐欺が発生しないことを確実にする。また、それは紙の契約書をスマートコントラクトへと変革する。一定の条件が満たされれば自力執行するのがスマートコントラクトで、トランザクションプロセスの時間を削減して効率性を生む。KRATOSは取引、物流、金融、総務、人事のモジュールを備えるモジュール・プラットフォームで、幾つかのモジュールは実行が可能だが、他のモジュールは実行できない。

 Arkaratos創立者のシュリニバス・コネル氏によると「何兆もの価値を持つ商品取引業界は人力によるドキュメンテーションの過程における膨大な数の仲介と大幅な遅滞、間接経費が原因で品質保証の課題に苦しんでいる。銀行は資金調達の検認で非常に選択的なことから、ドキュメンテーションが遅滞すると取引業者は大きな財務損失を被ることになる」とした。

 さらにコネル氏は「当社のブロックチェーンに基づくプラットフォームKRATOSはより高い透明性、効率性、そして複雑さを一層軽減することを確実にし、タイムリーな配送と大幅なコスト削減を達成する。商品のトランザクションの関係者すべては、中間点におけるすべての過程を含めて起点から最終配送点まで商品を追跡することができる。このコンセプトはバイヤー、セラー、取引業者、銀行、保険代理店、荷送人を、国際的な商品取引の過程で見られる様々な種類の詐欺と不祥事から保護する」と述べた。

 KRATOSは商品取引、マイニング、出荷、物流、農業、ブロックチェーン、イノベーション、メディアなどでPhysical Commodity Trading(現物商品取引)エコシステムの先駆になって数十年の専門知識を持つアドバイザーからリアルタイムの産業知見を得て開発された。KRATOSは30以上のパートナーからソフトコミットメントを得ている。

 KRATOSは現物商品取引産業が直面する実際の課題解決に対処する堅ろうなプラットフォームである。

 ▽Arkratosについて
シンガポールに本社を置くArkratos Blockchain Solutionsは国際的な現物商品取引で100年以上の集団的専門知識を持つ大手持ち株会社の一部である。同持ち株会社は連結収益20億ドル、払い込み済み資本金2億3000万ドル、そしてアジア、アフリカ、欧州の15カ国超で展開している。

 Arkratosは世界的な規模でフィンテック・ソリューションのサービスを提供している。ブロックチェーン技術が出現したことで、Arkratosは同社最初のブロックチェーンベースの製品KRATOSの開発を手掛けた。同社はブロックチェーン製品開発、スマートコントラクト、ホワイトペーパーのアドバイザリーといったサービスも提供している。

 ウェブサイトは http://arkratos.com/ を参照。

 ▽問い合わせ先
Mr. Srinivas Koneru, Founder
Email: srinivas@arkratos.com

 Shweta Gupta, Marketing Specialist
Mobile: +6591836681
Email: shweta@arkratos.com

 ソース:Arkratos