SBI、地銀6行と資産運用会社

 銀行や証券といった金融サービスを手掛けるSBIホールディングスは17日、青森銀行や愛媛銀行など地方銀行6行と共同で3億円を出資し、資産運用会社「SBI地方創生アセットマネジメント」(東京)を設立したと発表した。

 新会社は、地銀が投資信託を販売する際に最適な商品を選べるよう助言するシステムの開発や、地銀の資産運用を強化するための人材育成を担う。

 地銀は日銀のマイナス金利政策の影響で収益が悪化している。SBIは経営を支援する取り組みに力を入れており、新会社に出資する地銀を今後も募る。