完全自動運転車実現の「犠牲者」 各分野で考える (4/4ページ)

 ■石油業界

 EVの急速な普及は、石油需要が今後12年で頭打ちになりうることを示唆していると、米銀バンク・オブ・アメリカは指摘。このシナリオは今後数十年にわたる消費増加を期待する石油業界を揺さぶり、70年分の原油が眠るサウジアラビアに難題を突き付ける。同国は今年予定する国営石油会社の新規株式公開(IPO)で1兆ドル(約109兆円)超の評価額を目指している。

 ■勝者

 ネットフリックスや任天堂などは、車の運転に現在費やされている時間を映画やゲームに振り向ける好機かもしれない。

 また、長年低迷していた先進国の電力需要は伸び、警察は3Dセンサーと高解像度カメラを搭載した自動運転車を事故原因の特定や街頭犯罪の検知、不審者の発見に活用できるだろう。(ブルームバーグ Jess Shankleman)