【遊技産業NOW】豊丸産業「CR SUPER電役ナナシーDXII」

新機種のために結成されたアイドルユニット「SEVEN4」が新機種をアピール
新機種のために結成されたアイドルユニット「SEVEN4」が新機種をアピール【拡大】

 ■人気シリーズ最新作

 豊丸産業(名古屋市中村区)のパチンコ新機種「CR SUPER電役ナナシーDXII」が5月上旬にもパチンコホールにお目見えする。初代の登場から20年が経過する人気オリジナルタイトルのシリーズ最新作。3年前にリリースした「CR SUPER電役ナナシーDX」のゲーム性を完全継承し、液晶表示領域を1.5倍に、演出ボリュームを2倍に、大当たり中の演出を4倍にアップさせた。加えて「DXスタート」も中央のクルーン内だけでなく、ステージ上にもスタートポケットを設けて入賞期待度を高めた。なお、スペックは大当たり確率77.4分の1、連続大当たり期待値約25%。

 3月15日には東京都千代田区のAKIBAカルチャーズ劇場でプレス発表会が行われ、同社の永野弘之取締役営業本部長は同機について「遊びやすい・簡単・おもしろい機械づくりにさらに注力していく中での第1弾」とアピールした。当日は、同機のために結成された「SEVEN4(セブンフォー)」が登場。実機に収録された新曲「音速DI-VA」などを披露した。