シーメット、3Dプリンター開発 世界最速級 砂型造形10倍

シーメットが開発した大型鋳造用砂型3Dプリンター「SCMー1800」(NEDO提供)
シーメットが開発した大型鋳造用砂型3Dプリンター「SCMー1800」(NEDO提供)【拡大】

 光造形や砂型積層造形の機器を開発製造するシーメット(横浜市港北区)は、世界最高速クラスの大型鋳造用砂型3Dプリンターを開発、7日から受注を始めた。従来品よりも造形速度が10倍速くなったうえ、10倍大きな部品や製品を加工できる。

 「リコータ」と呼ばれる砂を敷き詰める部品の改良や、プリントヘッドの双方向化、プリントパターンデータの転送時間の短縮などで、造形の速度を高めた。また、乾いた砂を造形剤に採用したことで、造形後の硬化部分と未硬化部分とが分離しやすくなり、砂除去などの後工程の作業を2分の1に短縮した。

 造形速度は毎時10万立方センチ、最大で幅1.8メートル、奥行き1メートル、高さ75センチまで作れる。開発にあたっては新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)などの助成金を活用した。鋳型の量産設備として使えば、自動車や機械の部品製造現場で生産性向上に役立つとみている。