歴代の特急ロマンスカーずらり 海老名に鉄道ミュージアム 小田急、2021年に開業 神奈川

小田急電鉄が2021年春に開業する「ロマンスカーミュージアム」のイメージ(提供写真)
小田急電鉄が2021年春に開業する「ロマンスカーミュージアム」のイメージ(提供写真)【拡大】

 小田急電鉄は、神奈川県海老名市の海老名駅隣接地に、歴代の特急ロマンスカーや車両を展示する「ロマンスカーミュージアム」を、2021年春に開業すると発表した。建設費は約32億円、年間27万人の来場者を見込んでいる。

 小田急によると、当時珍しかった流線形車両「SE」や、先頭車両で迫力ある風景が楽しめる初代展望車両の「NSE」など5種類のロマンスカーのほか、小田急開業時に走っていた「モハ1」などを1階に展示する。

 2階には、高層ビルの街並みや田園風景など、小田急線沿線を再現した中を鉄道模型が走るジオラマや、運転シミュレーターを設置する予定。

 小田急は「子供も大人も楽しめる鉄道ミュージアムにしたい」としている。