リクルートHDの売上収益、初の2兆円超え 峰岸真澄社長「M&Aにも積極的に取り組む」

 リクルートホールディングス(HD)が15日発表した2018年3月期連結決算(国際会計基準)は、売上高に相当する売上収益が前期比11.9%増の2兆1733億円と、初めて2兆円を突破した。主力の人材派遣事業や求人情報サイトの収入が伸びた。米国の法人減税に伴う費用減少もあり、最終利益は11.0%増の1516億円となった。

 19年3月期予想は米求人口コミ情報提供会社の「グラスドア」の買収によって売上収益は5.9%増の2兆3020億円、最終利益は同0.9%増の1530億円の増収増益を見込む。

 同日、記者会見した峰岸真澄社長は「(人材ビジネスと情報技術を融合した)HRテクノロジー事業強化に向け、自社での開発だけでなくM&A(企業の合併・買収)にも積極的に取り組む」考えを示した。