デンソー、米新興レーダー企業に出資

 自動車部品大手デンソーは17日、自動運転に使う「ミリ波レーダー」を手掛ける米国のベンチャー企業「メタウェーブ」に出資したと発表した。ミリ波レーダーは周囲の車両や歩行者を電波で検知する技術で、両社で共同開発して性能向上につなげる。出資額や比率は非公表。

 メタウェーブは2017年設立で、検知範囲の拡大や認識性能の改善に関連した技術に強みを持つ。デンソーはミリ波レーダーに自社でも取り組んでおり、メタウェーブと組んで開発を加速する。25年以降の商品化を目指す。

 ミリ波レーダーは自動ブレーキや、先行車との車間距離を一定に保つシステムに使われている。