シャープ、19年度新卒採用320人

 シャープは17日、2019年度入社の新卒採用を計320人とする計画を明らかにした。経営再建に伴い採用を大幅に増やした18年度並みの水準を維持し、成長分野の人工知能(AI)や超高精細な映像技術「8K」の関連事業に重点配置する。

 内訳は、大卒(大学院、高専を含む)の技術系が260人、事務系が60人。高卒や社会人の採用計画は非公表としている。

 18年度の大卒の採用実績は技術系254人、事務系58人の計312人で、17年度の計142人から倍増していた。