「新たなビジネスモデルの構築必要」 地銀存続で麻生金融担当相

閣議を終え記者団の質問に答える麻生太郎副総理兼財務相=18日午前、首相官邸(春名中撮影)
閣議を終え記者団の質問に答える麻生太郎副総理兼財務相=18日午前、首相官邸(春名中撮影)【拡大】

 麻生太郎金融担当相は18日、長引く低金利下で地方銀行が存続していくためには新たなビジネスモデルの構築が必要との認識を示した。閣議後の記者会見で「新しいものを開発していく努力をしないと人口減少などの中で生き残りにくくなっている」と述べた。

 麻生氏は日銀の金融緩和策による低金利を念頭に「利ざやだけではなかなか稼げない時代だ」と指摘。金融庁が高収益性を評価していたスルガ銀行で、シェアハウスをめぐるずさんな融資が発覚したことに関し「(ずさんな融資の)その部分が問題なのであって、他もおかしいと考えているわけではない」と強調した。

 スルガ銀の問題では「検査の結果を踏まえて適正に対応していく」とした。

■地銀80社、6割強の49社が減益か赤字 18年3月期最終損益、合計1兆円割れ を読む