米ゼロックス買収 富士フイルムと食い違う主張 泥仕合の様相に (1/2ページ)

決算会見で米ゼロックスの買収について説明する富士フイルムホールディングスの助野健児社長=18日午後、東京証券取引所
決算会見で米ゼロックスの買収について説明する富士フイルムホールディングスの助野健児社長=18日午後、東京証券取引所【拡大】

 富士フイルムHDの助野社長は、ゼロックス買収計画について、契約には法的拘束力があるとして遂行を目指す考えを改めて強調した。ただ、買収条件の見直しに関するこれまでの対応をめぐっては、両社の主張に食い違いがあり、相互に反論を繰り返す「泥仕合」の様相を呈している。互いに不信感を強める中、買収は白紙撤回となってもおかしくない状況だ。

 「(ゼロックス側の言い分は)正しくない」

 助野社長は決算会見で、買収条件の見直しを求めるゼロックス側の提案をめぐり、富士フイルムHDが回答を先延ばししたり、虚偽の声明を出したりしたとするゼロックスの主張に対し、こう強く反論した。ゼロックスは15日に米証券取引委員会(SEC)に提出した資料で、こうした主張を盛り込んだ。

 ゼロックスは13日の買収合意破棄の発表前に、富士フイルムHDに対し、最低12・5億ドル(約1380億円)の買収額積み増しを求めたという。この要求に対する富士フイルムHDの対応が不誠実だったとして合意を破棄したとした。

 助野社長は、こうした主張について、その間の対応を事細かに説明して、ゼロックスの言い分を否定。両社の主張はかみ合わないままで、相互の信頼は大きく損なわれた。

続きを読む