「OVER DRIVE MEETS GAZOO」特設サイトで スペシャルコンテンツを公開!


【拡大】

 2018/5/18

 OVER DRIVE MEETS GAZOO PR事務局

 6月1日公開の映画「OVER DRIVE」が
モータースポーツ&ラリー界を熱く盛り上げる!

 5月19日(土)からのTVCM放映に先駆け、
「OVER DRIVE MEETS GAZOO」特設サイトで
スペシャルコンテンツを公開!

 トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:豊田章男)は、公道を舞台に繰り広げられるモータースポーツ・ラリーをテーマとした6月1日(金)公開の映画「OVER DRIVE」(配給:東宝、監督:羽住英一郎)の特別パートナーとして協賛しており、5月19日(土)からのTVCM放映に先駆け、 特設サイト「OVER DRIVE MEETS GAZOO」でスペシャルコンテンツを公開いたします。
 本サイトでは、5月17日(木)発売の雑誌「Number」付属の限定ブックレットに収録されているコンテンツをすべて見ることができるほか、WANIMAが歌う映画主題歌「Drive」使用したオリジナルコラボ映像も閲覧することが可能です。もちろん、映画のテーマとなっているラリーやモータースポーツの魅力もわかりやすくお伝えしていますので、ぜひご覧ください。

 【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805184058-O1-A4Ph1pl6

 「OVER DRIVE MEETS GAZOO」トップページ
https://toyotagazooracing.com/jp/overdrive/

 ■TVCMについて
 5月19日(土)から放映される2本のTVCM「追い越せ、何もかも。篤洋」篇、「追い越せ、何もかも。直純」篇は、それぞれ映画で演じている役をイメージした構成です。東出さんはレースマシンをメンテナンスし、徹底的に性能を磨き上げるメカニック、新田さんはマシンの性能を限界まで引き出すドライバーの役。立場は違っても同じ目的をもってレースに臨むチームメイト。2本の映像から、それぞれの張り詰めた気持ちが伝わってきます。

 TVCM概要
・タイトル  「追い越せ、何もかも。篤洋」篇/追い越せ、何もかも。直純」篇(15秒)
・放映開始日 2018年5月19日(土)
・放映エリア 全国

 ※詳細は、添付リリースをご覧ください。

 ■特設サイト スペシャルコンテンツ(1)
スポーツ総合雑誌「Number」952号に付属されるブックレットの記事を完全収録!

 【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805184058-O2-7xhbDOoN

 【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805184058-O3-YKOnX8ln

 5月17日(木)に発売された雑誌「Number(ナンバー)」付属のブックレットに掲載される映画「OVER DRIVE」の特集記事をすべて掲載。スピカレーシングファクトリー・チーフメカニック檜山篤洋役で出演している東出昌大さんとTOYOTA GAZOO Racing WRTで実際にメカニックを務めている松山大介さんによる対談や、羽住英一郎監督のインタビューなど、読み応えのある記事をたっぷりとお楽しみいただくことができます。

 特設サイト「OVER DRIVE MEETS GAZOO」でご覧いただける充実のコンテンツ

 「OVER DRIVE」予告編動画

 【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805184058-O9-kucih64I

 東出昌大さん、新田真剣佑さんのコメント、
そして映画のあらすじを紹介する予告編動画を公開しています。

 MECHANIC PRIDE

 速く走るクルマをつくるため、切磋琢磨するメカニックスタッフの姿にフォーカスし、
その技術や熱い情熱を写真と共に紹介します。6月1日(金)からご覧いただける予定です。

 ■特設サイト スペシャルコンテンツ(2)
WANIMAが歌う主題歌「DRIVE」が流れるコラボレーション映像を公開!

 【動画: https://youtu.be/GKXr9auJwss

 チーフメカニックの兄・檜山篤洋と天才ドライバーの弟・檜山直純のぶつかり合い、そしてそれぞれに自身を追い込みながら精神を高めていくシリアスな人間模様を描いたこの映像作品は、冒頭38秒間を映画本編でも象徴的なシーンを重ね合わせ、TOYOTA GAZOO RacingのWRC参戦の軌跡を追った資料映像と共に紹介しています。BGMとして流れる主題歌「DRIVE」は、自らの考え、人への想いをピュアな言葉で綴るWANIMAらしい歌詞が特徴的な楽曲で、驚くほど 「OVER DRIVE」や「TOYOTA GAZOO Racing」の世界観とマッチしています。

 ※詳細は、添付リリースをご覧ください。

 WANIMAプロフィール

 【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805184058-O11-dco629bu

 熊本県出身のスリーピースロックバンド、2014年10月1stミニアルバム『Can Not Behaved!!』でデビュー。数多くの大型フェスに出演する中、17年3月には初のワンマンライブをさいたまスーパーアリーナにて開催。18年1月にリリースした待望の1stフルアルバム「Everybody!!」は、オリコン週刊チャート1位など計6部門で首位を獲得。8月25日、26日には7万人を動員するメットライフドームでの初のドーム公演が決定しており、名実ともに日本を代表するロックバンドとして、さらなる活躍が期待される。
※(写真左から) FUJI(Dr/Cho) 、KO-SHIN(Gu/Cho)、KENTA(Vo/Ba)

 ■6/1公開 映画「OVER DRIVE」について

 【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805184058-O8-59EbZIyw

 アクセル全開で公道を駆け抜ける、最も過酷なモータースポーツ「ラリー」は、舗装路、未舗装路を問わず世界中のあらゆる道が戦いの舞台となり、この競技が盛んに開催される欧州、南米ではF1に勝るとも劣らない人気を得ています。
 2017年、TOYOTAは18年ぶりにWRC(世界ラリー選手権)に参戦し、開幕2戦目で優勝を飾る快挙が大きな話題となりました。各メーカーが誇る先端技術の結晶ともいえる車両、そしてこのモンスターカーを操るドライバーの運転技術、チームを支えるメカニックの知識と技…人車一体で戦う公道の格闘技ラリーは、チーム力の戦いでもあるのです。
 そんなラリーの世界に情熱を傾ける若者たちの熱い愛と絆を描いた映画が「OVER DRIVE」です。「海猿」「MOZU」「暗殺教室」など数々の作品をヒットさせた演出力で高い評価を得ている羽住英一郎監督が、自ら「『海猿』を超える作品にしたい」と語る力作で、最新鋭の撮影機材を駆使し、誰も見たことのないダイナミックな映像を描き出しています。
 主人公・檜山篤洋に抜擢された俳優は、近年、目覚ましい活躍を見せている東出昌大さん。その弟で天才ドライバーと呼ばれる檜山直純役は、国内外多数の映画に出演し脚光を浴びている新田真剣佑さんが演じます。ヒロイン・遠藤ひかる役は森川葵さんが演じ、さらに北村匠海さん、町田啓太さんら次世代を担うフレッシュな顔ぶれが勢ぞろい。要潤さん、吉田鋼太郎さんといった実力派俳優が脇を固めるキャストの豪華さも注目のポイントです。
 主題歌を担当するのは、革新的かつエネルギッシュな楽曲を生み続けているスリーピースロックバンド・WANIMAで、この映画のテーマでもある、若者たちの情熱と挑戦を綴った主題歌「Drive」を圧倒的な熱量で歌い上げています。
 誰も経験したことのないエンターテインメントの新領域! 「OVER DRIVE」は新たな“不朽の名作”となるでしょう。

 (上映時間:1時間45分/シネマスコープ)

 ■TOYOTA GAZOO Racingについて

 【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805184058-O12-1WyL3jSk

 TOYOTA GAZOO Racingは、モータースポーツという極限の状況の中で新しい技術や方法を追求し、「もっといいクルマ作り」に挑戦しています。

 TOYOTA GAZOO Racing ウェブサイト
http://toyotagazooracing.com/jp/