トヨタ新型EV、中国で年内発売 広州汽車ブランドのSUV「ix4」

 トヨタ自動車は18日、合弁相手の中国自動車大手、広州汽車が生産する新型電気自動車(EV)を2018年内に現地で発売すると明らかにした。トヨタではなく広州汽車のブランドを使い、合弁会社が販売する。中国では環境規制の強化でEV需要が拡大しており、新型EVの投入で顧客を取り込む。

 販売するのはスポーツ用多目的車(SUV)の「ix4」。最大500店で取り扱う可能性がある。4~5月に中国・北京で開かれた北京国際モーターショーで展示した。1回の充電で走れる距離や価格は公表していない。

 トヨタは中国で小型SUV「C-HR」をベースにしたEVを自社で開発し、20年に販売することを目指している。トヨタはグループ会社が日本で1人乗りの超小型EVを生産、販売しているが、乗用車は生産しておらず他社に後れを取っていると指摘されている。