原子力規制庁、住民に柏崎刈羽の審査合格理由説明…東電の原発運転可能と判断

新潟県柏崎市で開かれた住民説明会で、原発再稼働審査について説明する原子力規制庁の担当者=19日午後
新潟県柏崎市で開かれた住民説明会で、原発再稼働審査について説明する原子力規制庁の担当者=19日午後【拡大】

  • 新潟県柏崎市で開かれた住民説明会。右奥は出席した原子力規制庁の担当者=19日午後

 原子力規制庁の担当者は19日、新潟県柏崎市であった住民説明会に出席し、東京電力柏崎刈羽原発6、7号機が再稼働審査に合格した理由を「これまでの実績などから、東電に原発を運転する技術的能力がないとの理由はないと判断した」と説明した。規制庁が住民に直接説明するのは昨年末の審査合格後初めて。

 説明会は県と柏崎市、刈羽村が共催。住民約160人が参加し、合格と判断した根拠や審査の経緯をただした。

 6、7号機を巡っては審査合格後、原子炉格納容器内の圧力を下げる設備を支えるくいが地盤の液状化で損傷する可能性が判明。住民が「合格の前提が崩れたのではないか」などと質問したのに対し、担当者は「再稼働に向けた今後の手続きの中で、東電の対策を確認する」と応じた。