宇宙VBの新発想ビジネス支援 投資家マッチング NEDOなどサイト開設

宇宙ビジネス支援サイト「SーMatching」について説明する経済産業省の●田将範宇宙産業室長=5月31日、東京都千代田区●=雨かんむりに鶴
宇宙ビジネス支援サイト「SーMatching」について説明する経済産業省の●田将範宇宙産業室長=5月31日、東京都千代田区●=雨かんむりに鶴【拡大】

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と内閣府、経済産業省は、宇宙を舞台に新たなビジネスアイデアを持つ起業家と投資家とを結び付ける支援専用サイトを開設、宇宙ベンチャー育成の大きな壁となっている資金供給の課題解決を後押しする。

 宇宙分野の事業は、実用化までに長い時間を要するうえ、前例のないビジネスモデルが多く、投資へのリスクが大きく、多くの投資家が慎重になっている。このためNEDOや内閣府、経産省が中心となって、資金調達を円滑に行う流れを構築し、米国のように多くの宇宙ベンチャー起業を目指す。

 新サイトは「S-Matching(エスマッチング)」で、5月31日にオープンした。

 起業家は、専用サイトに宇宙に関するビジネスアイデアを投稿。ベンチャー企業に限らず、個人やグループでの投稿もできる。内閣府主催の宇宙ビジネスアイデアコンテストに応募された案件をはじめ、年間数百件のアイデア掲載を見込んでいる。

 一方、投資家は掲載されているアイデアを閲覧し、サイトから起業家に連絡を取ることができる。既に国内のベンチャーキャピタル(VC)や商社など約50社が登録している。サイトは日本語版のみだが、将来的には英語版も検討する。

 経産省の●田(つるだ)将範宇宙産業室長は「民間の資金も活用して、日本の宇宙産業を盛り上げていきたい」とし、起業家と投資家双方の積極的な参加を促す考えだ。

●=雨かんむりに鶴