日本製紙が壁紙原紙値上げ

 日本製紙は12日、住宅などに使われる壁紙のメーカーに供給する原紙の価格を7月21日の出荷分から15%以上引き上げると発表した。値上げは約3年ぶりという。

 海外から調達する主要原料の木材チップや、燃料の価格が高騰しているためで「生産効率や物流費の改善などコストダウンに取り組んでいるが、自助努力では吸収しきれない」と説明している。

 昨年は、食品や化粧品の包装箱に使われる「色板紙」などの値上げも実施した。