セブン2万店突破、社長「絶えず新しいことに挑戦」 記念パーティーに“生みの親”も

2万店突破の式典に姿を見せたセブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文名誉顧問=14日、東京都港区
2万店突破の式典に姿を見せたセブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文名誉顧問=14日、東京都港区【拡大】

 セブン-イレブン・ジャパンは14日、国内店舗数が2万店を突破したことを記念し、東京都内のホテルで式典を開催した。

 セブンは1974年、東京・豊洲に1号店を開店。利便性が高い業態が消費者に受け入れられ、2003年に1万店を突破。今年5月末時点で2万385店と日本最大規模になっている。

 1店舗当たり約2900点の商品を扱い、ATM(現金自動預払機)の設置が進むなど生活インフラ機能も強化されているが、昨今は来店客数の伸び悩みなど業界を取り巻く環境は厳しくなっている。

 この日の式典ではセブンの古屋一樹社長が「2万店達成の要因は、絶えず新しいことに挑戦し、創業以来クオリティーを追求してきた結果だ」と胸を張った。

 また、生みの親でもあるセブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文名誉顧問も記念パーティーに出席。鈴木氏は「自分たちで考え自分たちでやるというセブンのモットーを続けていってもらいたい」と、後輩らを激励していた。