シカゴ、新高速交通導入へ トンネルで時速240キロ

米シカゴ市が導入する高速交通システムに使う乗り物のイメージ(米トンネル掘削会社のボーリング社提供、共同)
米シカゴ市が導入する高速交通システムに使う乗り物のイメージ(米トンネル掘削会社のボーリング社提供、共同)【拡大】

  • 14日、米シカゴで高速交通システム計画について記者会見するテスラのマスクCEO(右)ら(AP)

 米中西部シカゴ市は14日、市中心部とオヘア空港を地下トンネルで結び、最高時速150マイル(約240キロ)の乗り物で移動する高速交通システムを導入すると発表した。電気自動車メーカーのテスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が渋滞解消に向けて設立したトンネル掘削会社が受注した。

 移動に使うのは、テスラのスポーツタイプ多目的車(SUV)「モデルX」を基につくる電動の自動運転車で、最大16人が荷物を持って乗れる。この車両を30秒間隔で走らせる。

 市中心部と空港の間を12分で結ぶ。移動にかかる時間がタクシーなど既存の交通手段の3分の1~4分の1程度になるという。料金はタクシーの半額以下に抑える。

 マスク氏は地下トンネルを使って、鉄道で現在3時間前後かかるニューヨーク-ワシントン間を30分以内で結ぶ構想なども打ち出している。(共同)