豆蔵、マツダ株式会社・一橋大学とチャットボットを活用したデジタルマーケティングをテーマに産学連携で共同研究を開始

デジタルマーケティングにおけるMZbot(チャットボット)の活用イメージ
デジタルマーケティングにおけるMZbot(チャットボット)の活用イメージ【拡大】

 株式会社豆蔵ホールディングス(証券コード:3756、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:荻原 紀男)の事業会社である、株式会社豆蔵(代表取締役社長:中原 徹也、本社:東京都新宿区、以下 豆蔵)は、豆蔵が開発したチャットボット(対話型AIエンジン『MZbot』)とAIに関する教育コンテンツを活用して、マツダ株式会社様の事業フィールドをモデルケースに、一橋大学神岡研究室と共同研究を行います。2018年6月から12月にかけて、お客様とのコミュニケーション手段として注目されているチャットボットを活用したデジタルマーケティングの可能性を探ります。

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/158781/LL_img_158781_1.png
デジタルマーケティングにおけるMZbot(チャットボット)の活用イメージ

 チャットボットを活用することで、お客様は気軽に質問することができ検索で疲れることがなくなり、企業は顧客とのコミュニケーションの接点が増え、高付加価値なご案内につなげることが可能になっています。しかし、従来のチャットボットの準備にはシナリオ作成が必要で、大変手間のかかるものでした。『MZbot』は、既存のFAQデータ(よくある質問)を取り込むだけで利用可能な次世代型のAIエンジンを搭載しており、短期間かつ少ない手間でチャットボットの運用を開始できるようになりました。

 豆蔵では、産学連携の活動を継続し、先端的なITとデジタル技術を利活用できる人材育成プログラムを提供して、企業のデジタルマーケティングをご支援してまいります。

 ■MZbotとは
『MZbot』はチャット画面を使った問い合わせ(Q&A)機能だけでは無く、RPAロボット、サービスロボット、クラウドAPI、IoTセンサ等と連携し、社員一人ひとりのデジタル秘書(パーソナルアシスタント)として企業活動における多くの業務を代行します。
「簡単に短期間で導入ができること」「各種の業務への展開や運用が簡単にできること」「導入・運用、ともに低価格であること」を実現した対話型AIエンジンです。
『MZbot』を使った新サービスやナレッジ化が必要な分野への適用をご検討されている企業様に向けて、導入支援サービスを2018年2月より提供しております。
https://www.mamezou.com/services/strategic/chatbot

 【株式会社豆蔵ホールディングス 概要】
所在地: 東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビルディング34階
設立 : 1999年11月
代表者: 代表取締役社長 荻原 紀男
資本金: 881百万円 ※2018年3月末
URL : http://www.mamezou-hd.com/

 【株式会社豆蔵 概要】
所在地: 東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビルディング34階
設立 : 2006年10月 (2000年5月より事業開始)
代表者: 代表取締役社長 中原 徹也
資本金: 3億1,000万円
URL : https://www.mamezou.com/

 ※記載の会社名・製品名は、各社の商標または登録商標です。
※本ドキュメントの掲載内容は発表時の内容です。