XYZプリンティングジャパン、児童やエントリーユーザーの創造力の表現に最適な2機種 小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」、3Dペン「ダヴィンチ 3Dペン Cool」を発表


【拡大】

 XYZプリンティングジャパン株式会社(本社:東京都板橋区、代表取締役:沈 軾栄(Simon Shen))は、本日、小型3Dプリンター「ダヴィンチ miniシリーズ」の「ダヴィンチmini w+」と、思いのままに3Dオブジェクトの作成ができる低温タイプの3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」最新機種2製品および「ダヴィンチ 3Dペン Cool」専用PCLフィラメントを発表しました。

 [画像1]https://digitalpr.jp/simg/874/27644/600_268_201806151900445b238e4cbffd1.png

 「ダヴィンチmini w+」は、持ち運びがしやすい軽量・コンパクト設計で、環境にやさしい生分解性PLAフィラメントに対応した小型3Dプリンターです。「ダヴィンチ 3Dペン Cool」は、ノズル温度 30°C ~ 55°Cの低温型の3Dペンで、無毒性のPCLフィラメントを採用するなど、児童(6歳以上)でも使える3Dペンです。両機種ともに児童の利用を想定した安全に配慮した設計と簡単な操作性を特徴としているため、学校での教育用途での利用はもちろん、エントリーユーザー向けとしても最適です。

 本日2018年6月15日より、弊社Webサイト(https://www.xyzeshop.com/jp_ja/
)、Amazon、楽天、ヤフー、量販店、販売代理店にてそれぞれ以下の価格で販売をいたします。

 ダヴィンチmini w+:39,800円(税抜)
製品ページ:https://www-sg.xyzprinting.com/ja-JP/product/da-vinci-mini-w-white

 ダヴィンチ 3Dペン Cool:5,980円(税抜)
製品ページ:https://www.xyzprinting.com/ja-JP/product/3d-pen-cool

 ダヴィンチ 3Dペン Cool専用PCLフィラメント(9色※×8m):2,680円(税抜)
※色:レッド、オレンジ、イエロー、グリーン、ブルー、ネオングリーン、パープル、ホワイト、ブラック
製品ページ:https://www.xyzprinting.com/ja-JP/material/pla-for-3d-pen-cool

 【ダヴィンチmini w+の特徴】

 軽量で移動も簡単なコンパクトサイズでも大きな印刷サイズを実現

 7kgのボディは家の中のどこでも簡単に移動可能で、最大印刷サイズは150×150×150mmのプラットフォームを搭載しています。

 エコ素材で安心印刷

 「ダヴィンチmini w+」は、素材となるフィラメントにとうもろこしのでんぷんを原料としたPLA(ポリ乳酸)樹脂を採用しています。PLAフィラメントは、分解可能で環境に無害であるとともに地球資源の消費量を大幅に抑制しています。ユーザーは有害物質の有無を気にする必要がなく、人と環境にも配慮した製品です。

 簡単な3DモデリングができるXYZmaker Mobieアプリに対応

 「XYZmaker Mobile」は3Dモデリングの初心者向けアプリケーションです。「ダヴィンチmini w+」は、簡単な3Dモデリングデータからデザイナー3Dモデリングデータのダウンロードや3Dモデリングを簡単に作成できるXYZmaker Mobileアプリに対応しています。XYZmaker Mobileアプリによって最適な印刷パラメータが自動的に設定されますので、3Dモデルを読み込ませて、印刷ボタンを押すだけで、印刷が開始されます。

 ワイヤレス印刷

 「ダヴィンチmini w+」は、Wi-Fi接続に対応していますので、Wi-Fiの「XYZmaker」または「XYZmaker Mobile」を利用して、ワイヤレスでの印刷や印刷状態を確認することができます。

 【ダヴィンチ 3Dペン Coolの特徴】

 使いやすいサイズと2種類の押し出しモード

 直感的なデザインと大きくて押しやすいボタンを備え、持ちやすいサイズの製品です。誰もが簡単に手を動かしてアイデアを形にできます。また、大きな作品作りに適した自動ロードモードと、小さい作品作りに適した手動ロードモードの2つの押し出しモードを搭載し、ボタン1つで切り替えることができます。

 児童でも安心できる低温タイプの設計

 「ダヴィンチ 3Dペン Cool」は、児童(6歳以上)でも安心して使用できる低温タイプの3Dペンで、無毒性のPCLフィラメントを採用し、低い加熱温度での造形が可能です。

 充実した初心者向け付属品

 3Dで描画を行う手順が丁寧に説明された、マニュアルが付属しているほか、簡単な3D造形が楽しめる初心者向けのテンプレートを付属しており、本製品の基礎使用方法を一から学ぶことができます。

 [画像2]https://digitalpr.jp/simg/874/27644/300_223_201806151900485b238e50b9dcf.png

 <XYZprinting, Inc.について>
XYZprintingは、台湾を拠点に電子機器を製造する新金宝グループを母体とする各種プリンターを設計、製造するプリンター専業メーカーです。新金宝グループは、1973年に創設した世界的なトップOEM/ODMパートナーです。
現在、グループには22社の関連企業と65の工場があり、10万人以上の従業員が働いています。コストパフォーマンスに優れた3Dプリンターを世界中の方にお届けすることを使命として2013年に設立されたXYZprintingは、本社を台湾に置き、日本、アメリカ、欧州、中国などグローバル展開をしています。さまざまな実績を持つ専門性や革新的な精神を兼ね備えたXYZprintingは、極めて優れたユーザー体験をもたらす使いやすい3Dプリンターを提供しています。今後は、新たな材質や、熱溶解樹脂積層法以外の出力形式の3Dプリンターや3Dスキャナーを開発してまいります。
XYZプリンティングジャパン株式会社 http://jp.xyzprinting.com/
XYZプリンティングジャパン Facebookページ https://www.facebook.com/XYZprinting.JP/

 <新金宝グループについて>
台湾・金宝グループの傘下グループである新金宝グループは、主にコンシューマーエレクトロニクスやPC周辺機器、通信機器、電源関連製品、カーエレクトロニクス分野の製品を受託製造するキンポ・エレクトロニクス、電子部品を受託製造するカルコンプ・エレクトロニクス・アンド・コミュニケーションズと、パワーサプライ製品を受託製造するアクベル・ポリテック、3Dプリンターを製造・販売するXYZプリンティング、植物工場のカルコンプバイオを中心とした、計6社で構成しています。タイ、中国やフィリピンをはじめとした東南アジアを中心、ブラジル、メキシコとアメリカなど全世界で20の工場を有し、従業員数は約45,000名と、台湾を代表する巨大EMS・ODMグループに成長しています。
新金宝グループ http://www.newkinpogroup.com/japan/

 本件に関するお問合わせ先
XYZプリンティングジャパン PR事務局(株式会社プラップジャパン内) 担当:平位、藤沢
メール:mediajp@xyzprinting.com、TEL:03-4580-9105、FAX:03-4580-9131

 XYZプリンティングジャパン株式会社 担当:Sherry Liang
メール:mediajp@xyzprinting.com、TEL:03-6279-8760、FAX:03-6279-8761