三菱地所のクラウドファンディング好調 「就業者の発想」で丸の内活性化 (2/2ページ)

三菱地所が7月に開催する「和ルミネーション」のイメージ
三菱地所が7月に開催する「和ルミネーション」のイメージ【拡大】

 これまでの朝大学は食や歴史、文化を学び提案するという形が一般的。アイデアが具現化するケースはなかった。これに対し同クラスでは実践に取り組むことを決定。愛着をもって街づくりに携われるようにクラウドファンディング方式を取り入れた。同クラスは30人が受講し、このうち10人がプロジェクトを主導していった。支援者に対しては、支援額に応じた返礼を行う。

 第2弾以降のプロジェクトとしては丸の内エリア限定のクラフトビールを製造する「まるびあ」や、同エリアで取れた蜂蜜を使用した「丸の内バウムクーヘン」などについて、資金を募集していく計画だ。