川崎の老舗和菓子店から七夕限定ゆめかわ“もなか”新登場 『ねがいごと』6月29日~7月7日期間限定販売

七夕数量限定販売の星型もなか「ねがいごと」
七夕数量限定販売の星型もなか「ねがいごと」【拡大】

  • ねがいごとゆめかわ星型パッケージ
  • 甘酸っぱい栃木県産苺の「苺みるく餡」
  • 瀬戸田産レモン果汁を使用した「瀬戸内レモン餡」

 創業67年の老舗和菓子店 菓子匠末広庵(本社:川崎市川崎区、代表取締役:三藤 哲也)では、2018年6月29日(金)~7月7日(土)までの期間・数量ともに限定の七夕商品『ねがいごと』を販売いたします。和菓子を通じて、日本の伝統文化である七夕を、若い方々や海外の方など、より多くの方々に楽しんでいただけるよう「ゆめかわいい」をテーマにした3種の餡のもなかを開発いたしました。特別な方への贈りものや、お子さまのおやつ、ちょっとしたお手土産など、様々なシーンでご利用いただけます。

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/159819/LL_img_159819_1.jpg
七夕数量限定販売の星型もなか「ねがいごと」

 【商品の特徴】
菓子匠末広庵では、七夕期間限定で星型もなかの「ねがいごと」を販売します。パステルカラーを基調とした星型のもなか皮に、苺みるく餡・宇治抹茶みるく餡・瀬戸内レモン餡の3種をそれぞれのカラーに合わせて挟みました。苺みるく餡は、栃木県産の苺を使用した甘酸っぱいミルク風味の餡。宇治抹茶みるく餡は、宇治抹茶を贅沢に使用した濃い抹茶餡。瀬戸内レモン餡は、瀬戸田産レモン果汁を白餡に混ぜた爽やかなレモン餡。3種それぞれ素材にこだわったもなかをお楽しみください。パッケージは、七夕にちなんだ星型のクリアボックスに、3種のゆめかわいい最中の色が楽しめるよう箱詰めし、商品名のタグは七夕の短冊をモチーフにいたしました。

 【開発の経緯】
『日本の伝統文化を、和菓子を通じて、多くの方々に改めて知っていただきたい』そんな思いから「ねがいごと」の開発が始まりました。江戸時代に考案された日本を代表する和菓子の一つであるもなか。もち米で作った薄い皮の中に餡を挟んだこのお菓子は、贈り物やおやつとして、長年多くの人に好まれてきました。そんな日本が誇る和菓子を、なかなか和菓子に触れる機会の少ない若い方々や海外の方々にも、気軽に楽しんでいただきたいと考えました。その和菓子から七夕という日本文化に触れ、伝統文化への魅力も感じていただければと考えています。

 【「ゆめかわいい」とは】
「メルヘンチックで幻想的な、夢のようにかわいい」デザインを指す言葉です。パステルカラーを基調とし、星空や天使の羽などがモチーフとされた、「かわいい」を全面的に押し出したデザインは近年、中高生を中心に人気を集めています。

 【商品詳細】
名称 :ねがいごと
販売期間 :2018年6月29日(金)~7月7日(土)
販売価格 :1箱810円(税込)
商品サイズ:28g/1個
賞味期限 :製造日より45日間
保存方法 :高温多湿を避け、常温にて
原材料名 :[苺みるく餡]
いんげん豆、砂糖、苺ピューレ(苺、砂糖)、加糖練乳、
苺種/トレハロース、紅麹色素、香料、酸味料
[抹茶みるく餡]
いんげん豆、砂糖、加糖練乳、抹茶/トレハロース、香料
[瀬戸内レモン餡]
いんげん豆、砂糖、クリーム調製品(クリーム、砂糖、卵黄、
ホワイトチョコ、乳等を主要原料とする食品、レモン果汁、
加糖練乳、マーガリン、脱脂粉乳、寒天加工品(麦芽糖、寒天))、
もち米/着色料(赤3、赤106、クチナシ、青1、黄4)
(一部に乳・卵・大豆を含む)

 【菓子匠末広庵とは】
菓子匠 末広庵は川崎大師のお膝もとで1952(昭和27)年に創業した和菓子店です。
創業より川崎大師にちなんだ数多くの商品を販売しており、最近では川崎市制80周年を記念事業である「音楽のまち・かわさき」にちなんだ商品の販売もしております。創業の地である川崎への貢献、本物の味を多くの方へ届けたいという想い、そして新たな挑戦を込め、日々新たな価値創造を進めています。

 ◆会社概要
社名 : 株式会社スエヒロ
屋号 : 菓子匠 末広庵
代表者 : 三藤 哲也(ミトウ テツヤ)
所在地 : 神奈川県川崎市川崎区東田町3-16
TEL : 044-233-4658
FAX : 044-233-0614
URL : http://www.suehiroan.co.jp/