ヤンマー、自動運転トラクター発売へ


【拡大】

 ヤンマーホールディングス(大阪市)は27日、無人走行で農地を耕すことができる自動運転トラクターを10月1日に発売すると発表した。農機大手のクボタも昨年6月から自動運転トラクターの試験販売を始めており、農家の高齢化や人手不足を背景に作業の効率化や負担軽減を図るメーカーの動きが広がってきた。

 ヤンマーが発売するトラクターの新モデルは、衛星利用測位システム(GPS)を利用し、農家が専用タブレットの画面をタッチ操作するだけで自動走行する。センサーで障害物を検知し、危険があれば自動走行を停止する。希望小売価格は馬力に応じて1300万~1700万円前後。

 またヤンマーの自動運転ではない従来モデルを保有していれば、10月以降、約400万円で改装できるようにもする。

 担当者は「労力を約40%軽減できる。こうした自動運転機能を搭載した農機のラインアップを強化していく」と話した。