『SHARE BASE 昭和村』2018年7月1日に福島県昭和村に開業!住宅宿泊事業法(民泊新法)を利用した古民家再生施設が誕生!

SHARE BASE 昭和村古民家外観
SHARE BASE 昭和村古民家外観【拡大】

  • 古民家内観(1)【居間】
  • 古民家内観(2)【大広間】
  • 古民家内観(3)【居間】

 株式会社SATORU(所在地:福島県大沼郡昭和村、代表取締役:橋本 浩寿、以下「当社」)は、地域活性化プロジェクト「SHARE BASE(シェアベース)プロジェクト」の第1弾となる『SHARE BASE 昭和村』を、福島県昭和村で2018年7月1日(日)にオープンすることとなりました。

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/159691/LL_img_159691_1.jpg
SHARE BASE 昭和村 古民家外観

 当施設は、2018年6月15日に施行となった「住宅宿泊事業法(民泊新法)」を利用した、築150年を越える古民家再生の民泊可施設。「共有できる秘密基地」をコンセプトに、福島県昭和村に移住した当社3名により、DIYを中心としたリフォームを施したのち、開業に至りました。
※住宅宿泊事業法(民泊新法):住宅の空き部屋やマンションの一室を利用して観光客・旅行者などに宿泊させる「民泊」の健全なサービス普及の為、ルールを定めた法律。

 ■SHARE BASE 昭和村とは?
SHARE BASE 昭和村は、古民家1棟を共有するゲストハウスです。日本の原風景の残る田舎の環境を生かし、旅の拠点や研修、制作活動の拠点としながら、田舎暮らし体験やアウトドアを満喫するなど、複数の滞在者が自由に過ごすことができる古民家再生施設です。
宿泊室は計3室、共有スペースには約16畳の居間と約24畳の大広間などがあり、共有のダイニングキッチンにはカウンターを設けています。古民家の奥座敷は、今後の施設の発展要素として手つかずのまま残されています。
既存の古民家の形をできる限り残し、「地域性」を感じてもらいたいという想いから、宿泊営業日数は限られるものの、より柔軟な「住宅宿泊事業法(民泊新法)」の適用物件として開始するに至りました。

 古民家内観(1)【居間】
https://www.atpress.ne.jp/releases/159691/img_159691_2.jpg

 古民家内観(2)【大広間】
https://www.atpress.ne.jp/releases/159691/img_159691_3.jpg

 利用者向けには1口3,000円~の会員制度も設けており、施設を会員価格で利用できる他、口数に応じた会員ランクも検討しています。その他、会員限定プログラムへの参加、当施設をさらに発展させるアイディアの採用チャンスや、イベントの企画開催、個展の開催など、当施設を利用したチャレンジを奨励して参ります。

 ■未完成であり続けることがSHARE BASEの特徴
SHARE BASE 昭和村は、古民家内の奥座敷を始め、敷地内の庭や蔵など、手つかずの部分がまだまだ残されています。
2017年5月から始めた古民家の改装については、基本的な改装はDIYで行い、専門的な知識を必要とする箇所は専門業者へ依頼するといった方針で行って来ました。歴史を紡ぐ古民家を、皆の手で工夫しながら残していくという考えのもと、常に変化を遂げ未完成であり続けることがSHARE BASEの特徴の1つです。

 外観(1)【ウッドデッキ】
https://www.atpress.ne.jp/releases/159691/img_159691_9.jpg

 ■移住チャレンジの一環としての側面
SHARE BASE 昭和村では、U・Iターンなどの地方移住希望者の潜在層にフォーカスを当て、滞在を通して地域でのプレ移住を体験できるという側面も魅力の1つとしています。

 移住した現運営メンバー
https://www.atpress.ne.jp/releases/159691/img_159691_13.jpg
外観(2)【畑】
https://www.atpress.ne.jp/releases/159691/img_159691_10.jpg
外観(3)【畑】
https://www.atpress.ne.jp/releases/159691/img_159691_11.jpg

 また、当施設では、開業と同時に運営、管理を担っていただけるスタッフを募集します。運営(広報/企画)、接客をはじめ、古民家の改修、敷地内での農作物の生産、新しいアイディアの実現など、田舎暮らしを楽しみながら個性を生かせる環境を支援します。

 ■「SHARE BASE 昭和村」概要
所在地: 福島県大沼郡昭和村大字野尻字元町4488
定休日: 不定休
URL : https://web.satoru-co.jp/

 <利用用途>
・素泊まりの古民家再生施設。
・食事は自炊。季節により敷地内の畑を利用した収穫体験可。
・キャンプ、BBQ用品、アウトドア用品の貸し出し。
・イベントスペース、各種ワークショップの開催地利用。
・コワーキングスペース、社内研修会場、学生の合宿施設としての利用。(Wi-Fi環境完備)

 ■福島県昭和村について
福島県会津地方の、周囲を1,000m級の山々に囲まれた山村。
人口約1,300人、高齢化率55%の限界集落山村。
伝統織物「からむし織」の原料となるからむしを栽培する本州唯一の村。

 ■SHARE BASEプロジェクト
当社は、東京都内の企業を中心にWEBマーケティング、WEB広告運用事業を手掛けてきました。インターネット環境があれば支障なく田舎に移住ができるという特性を活かし、2017年5月、福島県昭和村という山村へと移住すると共に、地域活性化を目指した本プロジェクトを始めることとなりました。

 当社はこのSHARE BASEプロジェクトを通し、観光、産業、福祉それぞれの面から地域活性化へアプローチすることをミッションとしています。

 ・SHARE BASEプロジェクト公式ホームページ
https://web.satoru-co.jp/
・公式Facebook
https://www.facebook.com/satoru.sharebase/
・公式Twitter
https://twitter.com/satorusharebase
・公式Instagram
https://www.instagram.com/satoru.sharebase/

 ■会社概要
企業名 : 株式会社SATORU
所在地 : 福島県大沼郡昭和村大字野尻字元町4488
代表者 : 橋本 浩寿
設立 : 2016年6月21日
事業内容: ・WEBマーケティング事業
・WEB広告運用事業(リスティング広告、SNS広告、ADN、DSPなど)
・WEB制作事業
・地域活性化/復興支援事業
URL : https://satoru-co.jp/