東北大とフィリップスが協定 健康管理の研究にICT活用

共同研究について協定を結び記念撮影する(左から)東北大の大野英男学長、フィリップスのフランス・ファン・ホーテンCEO、フィリップス・ジャパンの堤浩幸社長=6月26日、仙台市
共同研究について協定を結び記念撮影する(左から)東北大の大野英男学長、フィリップスのフランス・ファン・ホーテンCEO、フィリップス・ジャパンの堤浩幸社長=6月26日、仙台市【拡大】

 東北大とオランダの医療機器大手フィリップスの日本法人は、情報通信技術(ICT)を活用して健康管理の手法などを共同研究する協定を結んだ。東北大が持つ医療現場の知見と同社のビッグデータの収集・解析技術を相互に役立てるのが狙い。

 日本法人フィリップス・ジャパンによると、フィリップスは睡眠時の無呼吸時間を記録するマスクや、歯磨きの癖をチェックするセンサーを内蔵した電動歯ブラシなどを製造しており、ICTのノウハウがある。東北大の研究者や医療従事者と、同社社員らが意見交換する専用スペースを東北大病院(仙台市)に設置し、疾病を防ぐ生活習慣の研究などに役立てる。

 締結式で東北大の大野英男学長は「超高齢化社会などの課題に対し、最新のテクノロジーで解決策を提供する」とあいさつ。フィリップス・ジャパンの堤浩幸社長は「慢性疾患の予防につながる口腔ケアについて共同研究していきたい」と話した。

 フィリップスのフランス・ファン・ホーテン最高経営責任者(CEO)も同席した。