ヘルスケア領域におけるAI・IoT技術を活用した新しいサービスの共同開発について

 中部電力株式会社(本社:名古屋市東区、代表取締役社長:勝野 哲、以下「中部電力」)と
株式会社FiNC(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:溝口 勇児、以下「FiNC」)は、
本日、ヘルスケア領域におけるサービス開発に向けた業務提携について合意しましたので、
お知らせいたします。

  中部電力は、本年3月に公表した「中部電力グループ 経営ビジョン」において、エネルギー事業に加え、新たな成長分野として「新しいコミュニティの形の提供」を掲げており、これに繋がるサービス展開に向け、AI・IoT技術や外部リソースを積極的に活用した、様々な取り組みを進めています。

  FiNCは、「Personal AI for everyone’s wellness」をミッションに掲げ、予防ヘルスケア領域でAIテクノロジー(人工知能)に特化したサービスを展開するヘルステックベンチャー企業であり、「スマートフォン向けアプリ『FiNC』」で、AIがユーザー毎の悩みに合わせた的確な健康アドバイスを提供するサービスの開発に注力しています。

  この度、中部電力はFiNCが実施する第三者割当増資の一部を引き受けることとし、ヘルスケア領域において、両社共同でAI・IoTなどの技術を活用した新たなサービスを開発していくことについて合意しました。

  両社は、少子高齢化の進展という社会課題へのソリューションとして、お客さまのニーズが今後ますます高まると予想される予防医療や健康寿命の延伸に繋がるサービスの開発・展開に努めてまいります。

添付資料:共同開発するサービスのイメージ
以 上