「報復発動、序曲の始まり」 日商会頭、米中の制裁関税で指摘

 日本商工会議所の三村明夫会頭は6日、都内で開かれた東京商工会議所の夏期セミナー終了後、記者団に対し、米国の対中制裁について、「中国が(予定としては)報復する。そうしたらトランプ政権側はまた報復を発動する。こういう序曲が始まったということ」と述べた。

 その上で「我々としては何もできない。結局は米国の消費者、有権者がこの動きに自分たちに良いことばかりなら、全面的にトランプ氏を支持し続けるだろう」と指摘。さらに「鉄、アルミの価格が上がり、自動車に関税をかければ同様のことが十分予想されるが、米議会が(制裁に)賛成している。米国の消費者、有権者がどう判断するかであって、議会も応援しているということだから、解決できる問題ではない」とした。

 日本経済への打撃については「直接的に日本に影響はないが、世界経済がシュリンクすれば、日本にも影響が出てくるので心配している」と語った。