無農薬有機栽培を家庭菜園で実現できる専用資材の専門店 「楽農園」が岡崎市にオープン

楽農園外観
楽農園外観【拡大】

  • プランターパック
  • 家庭菜園の経験はあるか
  • 年代別家庭菜園の経験はあるか

 有限会社ヤマガネ商事(所在地:愛知県岡崎市、代表取締役:金安 栄九)は、愛知県岡崎市保母町に無農薬有機栽培専用資材の専門店「楽農園」をオープンします。
本格的な無農薬有機栽培を家庭菜園で実現できる、堆肥や液肥や培養土などの農資材をプランター栽培と農園栽培それぞれに適した容量で販売します。
また微生物発酵の研究者神谷 成章氏が考案した無農薬有機農法を推奨し、家庭菜園初心者でもマニュアル通りにやれば、虫の発生を抑制し、通常よりも大きく数の多い野菜を栽培できる方法をレクチャーします。

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/160563/LL_img_160563_1.jpg
楽農園外観

 【楽農園の主な取り組み】
(1)動画やブログで栽培方法を配信し、疑問があればSNSで気軽に質問可能です。
(2)体験会や交流会など家庭菜園ユーザー同士のネットワークを作ります。
(3)地域の豊かな自然を守るために、環境と健康に配慮した商品販売します。

 【30~40代の子育て世代に家庭菜園のおもしろさと、食の安全を届けたい】
「現在、家庭菜園で野菜を作っている」(24.4%)と「過去に経験がある」(20.3%)を合わせると、44.7%が「経験あり」となります。

 なかでも子育て世代の現在の家庭菜園実施率は30代(14.3%)40代(10.1%)と低く、まだ浸透していないことがわかります。(2017年 タキイ種苗「野菜と家庭菜園に関する調査」より)
その要因として無農薬有機栽培は手間がかかり、知識や技術も必要となります。また虫が発生する、上手に育たない、収穫量が少ないといった困りごとも多く発生します。(2015年 アイリス家庭菜園ドットコムより)

 楽農園は30~40代のスタッフが中心となり、同じ子育て世代に微生物発酵の研究に基づいた効率的な栽培方法、家庭菜園のおもしろさ、食の安全をわかりやすく発信します。

 【主な商品】
<初心者用プランターパック>
初心者もすぐにプランターで無農薬有機栽培をはじめられるセット。
培養土、堆肥、液肥がセットになっています。

 <イオンバーク堆肥>
針葉樹の間伐材の皮を超好熱菌で高温発酵させて自社製造しています。製造工程で注入するイオンにより地温を上げることで効率的に農作物を育てることができるようになります。

 <液肥>
楽農園が推奨する農法には若葉の里1号、若葉2号、酵母エキス3号の3種類を使用します。
野菜の発育を促進し、土壌を改良する効果のある液肥。プランター用に30ml、農園の広さに応じて0.5L、18Lがあります。

 【会社概要】
法人名 : 有限会社ヤマガネ商事
所在地 : 〒444-0004 愛知県岡崎市保母町木崩1-66
事業内容: チップ製造・リサイクル事業・農業資材の販売
WEB : http://www.yamagane.co.jp/