西日本豪雨でマツダ2工場、操業休止 他社も影響続く

 マツダは西日本豪雨の影響で操業を取りやめていた本社工場(広島県府中町)と防府工場(山口県防府市)の2工場について、11日も操業を休止する。三菱自動車も水島製作所(岡山県倉敷市)で11日の操業を見合わせることを決定。従業員の安全確保を図るためなどとしている。

 製造業では工場の操業再開など復旧の動きも進んでいるが、依然として影響が続いている。

 パナソニックも業務用ビデオカメラを製造する岡山工場(岡山市)が浸水被害を受け、操業を停止している。