ヤフー、2200億円の自社株買い

 ヤフーは10日、約2200億円相当の自社株買いを実施すると発表した。筆頭株主のソフトバンクグループと連携して、米ヤフーを前身とする投資会社アルタバから実質的に約10%を取得する。株価の低迷を受け、出回る株の価値を高めて株主還元につなげる。

 ソフトバンクグループの携帯電話子会社ソフトバンクが、アルタバが保有するヤフー株約2210億円相当を株式公開買い付け(TOB)で取得し、ヤフーはソフトバンクグループが持つ自社株を買い付ける。