マツダ工場、操業限定再開 西日本豪雨、影響長期化も

操業を休止している広島県のマツダ本社工場
操業を休止している広島県のマツダ本社工場【拡大】

 マツダは11日、西日本豪雨の影響で7日から11日まで休止していた本社工場(広島市・広島県府中町)と防府工場(山口県防府市)での完成車の生産を12日から再開すると発表した。部品の供給や従業員の出勤に一定のめどがついたため。ただ、両工場とも操業再開が確定したのは20日までで、21日以降は状況をみて改めて判断するという。

 本社工場は通常は1日2回、昼と夜に操業していたが、12日からは当面は昼だけの稼働とする。防府工場は通常通り。

 製造業では工場の操業再開など復旧の動きも進んでいるが、依然として影響が続いている。 三菱自動車は水島製作所(岡山県倉敷市)で11日の操業を見合わせた。従業員の安全確保を図るためなどとしている。

 パナソニックも業務用ビデオカメラを製造する岡山工場(岡山市)が浸水被害を受け、操業を停止している。