西日本豪雨、農業関連被害232億円 農作物関連も「かなり増えていく」と斎藤農相

斎藤健農水相
斎藤健農水相【拡大】

 斎藤健農相は13日、閣議後の記者会見で、西日本豪雨や台風7号による農業関連被害が約232億円に拡大したことを明らかにした。被災地では被害の確認が十分に進んでいないため、被害額がさらに膨らむのは確実だ。

 被害額では林野関係が約146億円と最も大きい。農作物関連は約8億円にとどまっているが、斎藤農相は「かなり増えていく」との見通しを示した。

 また収穫や出荷作業の遅れが響き、大阪市の中央卸売市場ではネギやピーマン、ホウレンソウが1~3割上昇したことも明らかにした。東京では野菜の価格は平年並みといい、斎藤農相は「価格動向を注視する」と述べた。